好きなものだけ食べて生きる

日々雑感(ミステリ感想中心)

ミステリーの書き方(日本推理作家協会/幻冬社)

番外編12.ミステリーの書き方(日本推理作家協会幻冬社

概要(引用)

どうしたら小説が書けるの?アイデアはどこから生まれてくるの?プロの作家に必要なことは?-ミステリーの最前線で活躍する作家が、独自の執筆ノウハウや舞台裏を余すところなく開陳した豪華な一冊。日本推理作家協会に所属する現役作家たちが答えた貴重なアンケートも収録。作家志望者のみならず、すべてのミステリーファン必読の書。

 

ミステリそのものではないけど、非常に面白かったので紹介させてください。

まずメンバーがめちゃくちゃすごい。

 

赤川次郎東直己阿刀田高我孫子武丸綾辻行人有栖川有栖五十嵐貴久伊坂幸太郎石田衣良岩井志麻子逢坂剛大沢在昌乙一折原一恩田陸垣根涼介香納諒一神崎京介貴志祐介北方謙三北村薫北森鴻黒川博行小池真理子今野敏/柴田よしき/朱川湊人真保裕一柄刀一天童荒太二階堂黎人楡周平野沢尚法月綸太郎馳星周花村萬月東野圭吾福井晴敏船戸与一宮部みゆき森村誠一山田正紀横山秀夫

 

見てくださいよこの執筆陣!!10年前に刊行されたものなんで、今旬の作家は少ないけどいわゆる「大御所」ばっかり。

こうした人々が、どうやってミステリを書けば良いか?を非常に具体的に指南してくれている。

 

他にもコラムで、「プロットはどのくらい練りますか?」「スランプ脱出法は?」「理想とする作品は?」などのアンケートも載っていて、データ集としても興味深い。

ただやっぱり、その作家の小説を読んだことがある方がしみじみ面白く、解説も理解できるので、ミステリ完全初心者にはオススメできませんが。

 

いや、でも乙一宮部みゆき有栖川有栖綾辻行人の、作品を作るまでのプロセスが読めるのほんと貴重だったなぁ。プロってこんなところを意識してるんだ、とか、トリックってこうやって仕掛けるんだなとか。

欲を言えば、麻耶雄嵩のこういうミステリ創作論的なものも読んでみたかったな笑


ミステリの読み方が変わるかもしれない、そんな一冊。